スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パワースポット 足利織姫神社・鑁阿寺・足利学校

気学メインのブログなので、
たまには吉方位取りの情報も書きましょう。

3月8日、東京から北にあたる足利へ行ってきました

東武線「りょうもう」号に乗り、足利市駅で下車

足利織姫神社
s-110308足利 011
足利市駅からタクシーでワンメーター。
高台にあり、神社から市内を一望できます。

ご祭神のアメノヤチチヒメノミコトとアメノミホコノミコトは、もともと
神々の衣服を織る役職についていた神様で
ここ足利は、平安時代から織物の生産地として栄えたため、
この二柱は、足利の産業守護の神となり
縦糸横糸がよき縁を結ぶことから、
縁結びの神となりました。

パワースポットというには、ちょっと物足りないのですが・・・
私が訪ねたときには、ちょうど神主さんが祝詞をあげているところで
思わずききほれてしまいました☆
一の鳥居前には、足利の地下水を汲める水道もあって、
渇いた咽喉を潤すことができたりと、
意外と楽しく過ごすことができる神社です。

鑁阿寺(ばんなじ)
s-110308足利 031
足利の祖・足利義康らの邸宅跡地に、足利義兼(尊氏より7代前)が建立した、
大日如来を本尊とする真言宗のお寺。

お寺の周りは水路で囲まれ、
一歩は入った境内は、俗世と切り離された清浄な空間になっています。

中は広々として、本堂の他にも、いろいろな建物や文化財があります。

本堂裏手にある、御霊屋には、このお寺の開祖たちが
大権現として祀られており、
しんとした中に、厳かな気が流れます。

足利学校
s-110308足利 077

「日本最古の総合大学」といわれるこの足利学校が
どれだけすごいかは、このHPをチェック

室町以降、ここで、儒学や四書五経などの中国の学問が
さかんに学ばれていました。
そのため、中には孔子廟や孔子の銅像なども建てられています。

園内には、海軍 東郷平八郎・伊東祐亨らお手植えの月桂樹があったりして、
儒学や朱子学の思想が、指導者といわれる人たちに
必須の学問であったことが分かります。

実は「易」も、四書五経の中のひとつ

今は単なる「占い」として扱われがちな「易」が、
実はれっきとした学問であることを再認識させられて、

はっと背筋の伸びる思いがします。

日本庭園などもあって、落ち着きます。


この3つ、半日で回ることができますよ。


このほか、足利出身・あいだみつをさんゆかりのお蕎麦屋さん・めん割烹なか川や、

森高千里さんの歌で有名になった渡良瀬川などの見どころもあります。


今はなかなか難しいですが、
機会があったら、ぜひ訪れてみてくださいね☆




スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。