スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新しい総理大臣ってどんな人?野田佳彦は七赤金星

昨日行われた民主党の代表選挙。

大方の予想を覆して、野田さんに決定しました。

ヤフーのニュースは こちら

野田佳彦 1957年5月20日生  本命七赤金星 月命五黄土星 日命五黄土星

野田さんがなるとは、誰も思っていなかったのではないでしょうか。

全く、最後まで分からないものです。


野田さんは、七赤金星ですから、

一人でリーダーシップを発揮するというよりは、

周囲との調整をはかりながら、皆で前進していくタイプです。

明るいキャラクターで、物腰も柔らかいのが七赤金星。

また、月命が五黄土星であることから、内面は粘り強く、

ポジティブ思考。度胸も備えています。


今年の七赤金星は、静観運。

はっきりいって、運気的には、六白金星の海江田さんのほうが

ずっといいのです。

七赤金星は、今年は

真ん中にあって、目立つけれど、残念ながら

実力を思う存分発揮できるときではありません。。

それなのに、何で勝利できたのか?



静観運のときは、周囲を上手に使って、

周りに動いてもらったり、協力してもらうことが必要です。



大方の予想をくつがえし、野田さんが選出されたのは、

敗れた鹿野さんの陣営が、野田さんに入れることを決めたから

つまり

「周囲の力を味方につけることができたから」

なのではないでしょうか。


意図してかどうかは分かりませんが、

野田さんは

自分ひとりの力ではなく、人の力を引き寄せたことで、

勝利を得たのだと思います。



さて、今後ですが、

七赤金星の人は

来年、天下運に入り、通常であれば、飛躍を期待できる年ですが、

今年の九紫と同様、

星のめぐりの関係で、七赤金星の人にとっては、

ちょっと注意が必要な年になります。


もっと言ってしまえば、来年は、今年以上に

難しい政治運営を迫られるということになりそうです。


それと、心配なのは、七赤なだけに、お酒と女性関係。。。。



まあ、暗い話をしても仕方ないので、

ここはひとつ

七赤の親しみやすさと、人柄、対人調整力に期待したいところ。

一人の力には限界がありますが、

味方を増やし、周囲を上手に巻き込んで

「人心を集める」ことができたなら

大きな力になることが

今回よく分かりましたものね。


影に見え隠れする派閥争いには、国民ももうゲンナリですから。。。


これから、組閣人事が始まりますが

「ノーサイド」で一致団結して、日本の復興に向かう気概を

見せてもらいたいものです。










スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。