スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「出雲ゆかりの人」竹内まりやは九紫火星

「竹内まりやさんは、出雲大社の参道にある旅館の娘さんです。」

「え~!」と思って座席を立ち上がったときには、
その旅館の前は通り過ぎていました。
残念。
このあたりのご出身とはつゆ知らず。
これから行かれる皆さんは
しっかりチェックして行ってくださいませ。

そして、帰りの飛行機の中では、
JALスペシャルというイヤホンサービスの番組で、
竹内まりやさんの特集をやっていました。
ナイスシンクロ!

竹内さん自身が、30年間を振り返りながら、
投票によるランキングトップ10の曲を
かけていくというもの・・・・なんて豪華なんでしょう。
飛行機よ、このまま羽田に着かないで~

s-DSCN0142.jpg


ちなみに、ランキングの1位は「駅」。

私もこの曲、大好きです。
何だか、情景が浮かんでくるではありませんか。
通いなれているはずの街も、違う風景に見えてきてしまう。

男性からの人気もある曲だそうです。

もともと、この曲は中森明菜さんに提供するために
つくられた曲だそうで、

マイナーコードの曲をつくったことのなかったまりやさん、
明菜さんに「ぜひマイナーコードで!」
と頼まれてつくったのがこの曲。

明菜さんがいなければ、この曲もなかった。
だから明菜さんにはとても感謝している、
と、竹内さんは言っていました。

人との出会いは貴重ですね。

そして、それをどう生かすかも。


さてさて、竹内まりやさんは九紫火星の人です。

1955年3月20日生 本命九紫火星、月命四緑木星 日命五黄土星
今年デビュー30周年を迎え、アルバムを発売したまりやさん。

アーティストの星、九紫火星で、
たぐいまれなる才能を持ちつつも
四緑木星を内面に持ち、絶妙のバランス感覚で、
家庭とお仕事、いろんなものを両立させてきた。

彼女が息の長いアーティストになったのも分かります。

最新アルバム「デニム」におさめられた
「人生の扉」をきくと


30代には30代で、
40代には40代で、
50代には50代のみえてくるものや幸せがある

ということが、分かります。

竹内まりや インタビュー

年をとって、長く生きて分かる喜び、
できること、似合う服もたくさんある(?)という
竹内さんのメッセージは
先行き暗いニュースばかりの中で
本当にうれしいもの。


今年の九紫火星は、
活動が広がって、しあわせを感じられる年です。
アルバムのヒットは間違いなし♪


久しぶりにまた、ききたくなりました。



スポンサーサイト

Comment

Post comment

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。