スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鹿島神宮 要石

「鹿嶋物語を語る会」の方たちの話の中で
おもしろかったのが、
「要石(かなめいし)」にまつわる話です

要石は、地中に根っこが長く伸びていて
掘っても掘っても、その根っこにたどり着かない
不思議な石

この要石が、ナマズの頭を抑えているから
ここいら一帯には大きな地震が来ないのだとか

あるとき、水戸の殿様・光圀公が
「要石の根っこをみたい!掘り進め!」と命令して
七日七晩掘り起こさせた

それでも、根っこに辿り着くことは出来なかったので
光圀公は、さらに工事を進めようとした

その晩、光圀公の夢の中に
鹿島のデーグージ様(神様?)が現れて

これ、光圀、ものには限度というものがあるぞ。

要石の周りを掘るのをやめなさい
」と怒ったそう。

それをきいた光圀公は工事をストップ

おかげで、今でも要石は、
ナマズの頭を抑え続けていて
ここいら一帯に大きな地震が来ないのだそうな。

おもしろい!

ぜひ、その要石を見てみたい!!

奥宮の先・要石へと続く道も、すばらしく気持ちのよいところです
s-091228鹿島&香取 043

こちらが、その要石があるところ
s-091228鹿島&香取 044

失礼して中の石をパチリ
s-091228鹿島&香取 047 ちょこっとへこんでいるのがポイントです
パンフレットには、
その昔、大神が降り立った御座石とも書かれていて
やはりパワーのある石らしい

そして、要石はここだけではなく

次に行く予定の香取神宮にもあるらしいのだ

ますます面白くなってきた

続きは次回!

スポンサーサイト

Comment

Post comment

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。