スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

成人の日に

s-7758564[1]

今日は成人の日ですね
朝、テレビを見ていたら
新成人の女性たちが髪を結っている美容室に
突撃インタビューが入っていました

晴れやかに装った新成人たちは
口々に
両親にこれまでの感謝の言葉を述べていましたよ


実は私
成人式では晴れ着を着なかったのです
両親はすすめてくれたのですが反抗して
ふつうのスーツで出席しました

どうしても自分の中で
晴れ着を着る意義が見いだせなくて

20歳のとき
親の元で暮らし
親のお金で学校へ行き、
親のつくったご飯を食べて
屁理屈を言っていた私は
確かにまだ、正真正銘の子どもでした

ときはバブルの絶頂期
何もしなくてもお金は回り
感謝するとか、ありがたみを知るということが
今より少なかったように思います

理屈を通して
思うとおりの姿で出席した成人式
なのに、今、唯一思い出されるのは
私の振袖姿を楽しみにしていた母の
残念そうな顔ばかり

成人の2倍の年月を経て
母の痛みを感じたとき
やっと私は成人になれた気がしました


不況で厳しい今の時代に
成人になった人たち
「ありがとう」が素直に言える若者が多い
日本の未来は明るいと思う

新成人の皆さん、おめでとう!



スポンサーサイト

Comment

夏海 #nJgWjNM2

私も姉も成人式に着物を着なかったの。
2人とも、そのお金でしたいことをした。
姉はヒマラヤトレッキングへ行き、私はオーストラリアの海に。。
そっか。そうだよね。
母だって一度くらい晴れ着を見たかったよね。
今まで考えた事もなかった。

二十歳過ぎてから、親戚の結婚式で一度だけ振袖を着たけれど、
手も顔も真っ黒に日焼けしていて。。。

こんな娘でスマン!
ホント、親不孝ものです。

2010/01/13 (Wed) | URL | 編集

高田紫央 #-

そうか~。
でも、それがいい思い出になって残ったなら、
ご両親も喜んでくれたんじゃないかな。
私は何だか、お金貯めて準備していた
親の気持ちを無下にしてしまったようでね~。
節目を大切にする気持ちというのもなかったし。

今になって分かることってあるよね!

2010/01/13 (Wed) | URL | 編集

Post comment

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。