スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

花巻 宮沢賢治をめぐる旅

新鉛温泉に泊まった翌日は

賢治ワールドを満喫する旅へ

花巻はあの宮沢賢治のふるさとなのです

新幹線で東京から3時間あまりの新花巻駅から
タクシー5分の一帯に

宮沢賢治記念館

イーハトーブ館

宮沢賢治童話村の、

3つの施設があります

まずは記念館

宮沢賢治記念館は大変興味深く、
一度では充分に見きれないボリュームだったので

再来を心の中で誓いました

s-100805秋田 099

ここはカフェから景色がとても素晴らしい
お土産も素敵なものが
たくさんありました!

次に訪問したのが
宮沢賢治 イーハトーブ館
ここは入場無料ですが、ここも予想以上に素敵でした

s-100805秋田 101

特筆すべきは売店に置いてある
賢治の本の豊富さ
本好きなので わくわく

あそこになら1日いても飽きないわ~
(イヤな客かも・・・)


次に訪れたのが童話村
s-100805秋田 105

安易な遊園地だったらどうしよう・・・と思いましたが

そうではなくて、

賢治の世界を体感できるように
いろいろな方法で楽しませてくれる、すばらしい場所でした。

s-100805秋田 108

3箇所とも賢治ファンにはたまらない場所ですね

そしてファンならずとも

この花巻という地に来ると

賢治が触れたあろう風や空気や匂いや音が

やはり感じられるような気がします


あと、賢治とは関係ないですが

童話村のすぐ隣にある花巻市博物館
すばらしかったです

特に江戸時代の資料が大変そそりました
参勤交代が盛んだった頃
南部藩の
江戸への宿場町として栄えたところだったのです

吉方位旅行ということなら

来年、東京からの方位でいうと

六白・七赤・三碧の方たちは

チェックしておくとよいですよ

温泉も近いですしね!

オススメです☆
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。