スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

病気になるときは

気学では

その年によって
どんな病気にかかりやすいか、という傾向を知ることができます。

四緑木星の私は 今年 

方位でいうと
五行でいうと
季節でいうと
寒い冬の位置にいますので

冷えや風邪

腎臓や泌尿器、耳、生殖器官の病気などに

注意すべき年なんです


注意はしていたつもりですが

今年6月

泌尿器系の病気にかかってしまい

1ヵ月薬を飲んで、やっと直りました。


気学恐るべし!


「風水をして運がいいはずなのに、病気などして」と
おっしゃる方もあるかもしれません。


でも、人間ですから
時には病気をすることだってあると思うのです。

病気は「もっと自分の体の声をきいて」という
体からのメッセージのようなもの。

「ちょっと無理しすぎだよ」
「もう休むタイミングだよ」と教えてくれているのです。

そして、不思議と

いいたいことが言えなくて
我慢ばかりしている人は
咽喉や気管を痛めてしまったり
 
怒りがあって
それを溜め込んでいる人は
熱を出してしまったり・・・ということがあります。


腎臓は、ストレスや睡眠不足と関係がある器官。

「もっと寝なくちゃだめだよ」
ということでもあるのですね。

そして、再発しないために
お医者さんからもらったアドバイスは

「朝起きたら、お水をコップ一杯飲んでください」というもの。

寝ている間に溜まった悪いものが
尿といっしょに体の外へ排出されるのを
助けてくれるそうで、

毎日実行しています。


季節の変わり目

皆さんも

体調管理に気をつけてお過ごしくださいね♪


今日の開運ポイント☆

病気はあなたの体からのサインです

どんなメッセージが含まれているのか

耳をすませてみてはいかがでしょう☆
















スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。