スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

池上七福神めぐり その1 養源寺・妙見堂・本成院・厳定院

今年は七福神参りにチャレンジしたい!と思い、
暖かだったこの日、「池上七福神めぐり」に行ってきました。

スタートは養源寺(恵比寿さま)

恵比寿さまは商売繁盛・漁業反映・家庭円満の福の神

s-110111七福神 005
池上本門寺のふもとには、
本門寺(日蓮宗)とご縁の深いお寺がたくさんあって
養源寺もそのひとつ、 

徳川吉宗公が鷹狩りをしたとき
お膳所にもなったという由緒あるお寺です

手入れの行き届いたお庭が美しく
恵比寿さまはこの奥の建物にいらっしゃいます 
結構大きな恵比寿さまです
s-110111七福神 007
熱いほうじ茶をごちそうになりました!
ご朱印を押すスタンプもこちらで購入し(500円)、
たずねた先々で押していきます

こちらは本堂
s-110111七福神 009
障子の木枠の、鐘の形がとても印象的。

次の訪問地は
ここから5分も歩かないところにある

妙見堂(樹老人)

樹老人は寿老人ともいわれ 寿命と学を授けてくれる

s-110111七福神 016
わびさびを感じるお堂です

窓越しにそっと覗くとこの中に
妙見菩薩と樹老人が祀られています

樹老人で木のパワーをあらわしているのか 
本堂近くのこの老木には
s-110111七福神 014
絵馬?のようなものがぐるりと・・・???

ウィキペディアによれば、妙見菩薩は仏教の神様のおひとりで、
妙見は「優れた視力」
善悪や真理をよく見通す神様だとか

別名「北辰菩薩」といい、

冬至の日にはたくさんお参りが
あるというのは、本当かしら

日蓮聖人は、この妙見様を信仰したので
日蓮宗のお寺に祀られることが多いらしい

確かにこの妙見堂は、本門寺に程近く、
小高い山の上に建てられています

この日は、他にもちらほら 
七福神参りをする方たちとすれ違いました。
s-110111七福神 021

そして次は本門寺正面の通り沿いにある

本成院(福禄寿) 

福禄寿はその名のとおり
福と禄と寿命を授けてくれる神様♪

s-110111七福神 023
この中にいるのですが見えません

この並びに 宝屋せんべいという
おいしいおせんべいやさんがあるんですね

ココでおせんべいを買っていこうと思ったら開いてなくて残念

う~ん。まだまだ煩悩だらけ・・・

そして次は本門寺のお山のふもとをぐる~っと西に回って

厳定院(弁財天)
s-110111七福神 026
この古さ加減がすてきです。それでいて清潔感もあって、いい感じ。

弁天様は芸術・弁舌・才知・財宝を司る女人神
私の好きな神様です♪

s-110111七福神 027
本堂に向かって右手前にいらっしゃいます
扉を開けてお顔を見せてくださっています うれしいな~

本堂の障子の形は、さっきの養源寺に似ているわ~
s-110111七福神 029

そして、屋根も。
神社と違って、蓮の花のモチーフなのは、さすがに日蓮宗だからかな。
s-110111七福神 030


そして次の訪問地・馬頭観音堂
s-110111七福神 031

続きは明日♪
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。