スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

脚本のない時代

被災地へ向けた14時46分の祈りは
ツイッターやミクシー上でも、同様の動きがあるようで
そのパワーはとても大きなものとなっていると
感じます。

「エネルギーは意識を向けた方に流れる」
といわれますから、

ここで安心せず、
被災者や現地でがんばっている人たちに
心を向け続けていきたいと思います。

さて、

昨年末、ルーシーダットンや西洋占星術で活躍しておられる

ひまぱ~んさんと

「来年はどんな年になるか?」ということを話していた折、

いずれ、私達は

「脚本のない時代」に突入する 

ということを話されていました。

「脚本のない時代」とは、思うに

これまでの常識や前提が通用しない時代。

地震という大きな試練を乗り越えて

生まれ変わった気持ちで、

ゼロに戻って、真っ白なところに

私達がストーリーをつくっていく時代。

「思いが現実をつくる」

という言葉がありますが、

一人ひとりが考えていること、行っていることがそのまま

次の時代をつくっていく。

どう考え、どう行動するかが、

これほど大切なときもないと思います。

こういうときこそ

感謝と愛の力を最大限に使って

いい世の中をつくることに貢献したいものです☆






スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。