スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

梅雨の薬膳

画像-0452

七赤マダムの作った杏のケーキ!

生クリームを添えて、ハーブティといっしょにいただきました。



梅雨らしいお天気が続きますね。

昨日、子供がめずらしくお腹をこわしました。

梅雨どきは、普段元気な人でも体調を崩しやすいです。


ケーキをいただきながら

梅雨時の薬膳について、七赤マダムにききました。


梅雨は中医学では 湿邪(しつじゃ)

体に水分がたまって、だるく、

足がむくんだり、疲れやすくなります。

なるべく、利尿作用のある食べ物やお茶をとるとよいそうです。

例えば

コーン茶とか はと麦茶は、利尿作用が大


胃腸を傷めやすい時期なので、

砂糖をつかった甘いものは、本当は控えめにしたほうがよく、

胃を養ってくれる食べ物をいただくといいそうです。

にんじんやアスパラガスなどは、利尿作用もあり、

胃も養ってくれるので、この時期にはとてもよいのだとか。


また、腰や、昔の古傷が痛むという時期でもありますね。



この時期は

体に取り込むよりは 排出が大事ですなのですね。

そしてゆっくり休養すること。


そういえば、うちの子供は月命が三碧木星。

今年は三碧の人は蓄運で、ちょっとデリケートです。

もうちょっと、気をつけてあげればよかったなあ。ごめんね。


早く元気になあれ♪








スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。